明和電機と磨くナンセンス技術?!夏休みのおもしろワークショップ

こんにちは!

明和電機といえばオタマトーンなどの面白い電化製品?ですね。

TEDとか出てたとは思わなかったですw

その明和電機が、この夏、ワークショップを開くことになったそうです。

どんなイベントなんでしょうか。

夏休み工作ワークショップ「明和電機 超! 技能訓練所」開催!

明和電機とユニークなクリエーターたちがお送りするおもしろ工作ワークショップ全21回! 夏休みにあなたのナンセンス技能を磨こう‼

『明和電機主催による夏休みワークショップ「明和電機 超!技能訓練所」を秋葉原のラジオデパートにて開催します。

明和電機はこれまで26年間、様々な「ナンセンスマシーン」を作り、その開発ノウハウを応用して「オタマトーン」のようなオモチャも作ってきました。 オモチャ作りを通して、僕が強く思ったことは「オモチャは買って遊ぶより、自分で作ったほうがはるかに楽しい」ということです。

ただ、ふつうは「こんなオモチャがあったらいいなあ」となんとなくイメージしたとしても、どうやって実現化するのか? という場面で思考が止まってしまい、「ま、いっか」となってしまいます。

頭の中のオモチャのイメージを実現化するには、しくみを考え、材料や部品を用意し、自分の手を動かして道具を使わなければいけません。それは一言でいえば「テクニック(技能)」です。どんなにバカバカしいアイデアでもそれを実現するには、きちんとした「テクニック(技能)」が必要です。
「明和電機 超!技能訓練所」では、社長による講習のもと、明和電機が考えたユニークな工作キットを作ることで発想を広げ、ものつくりに重要な「テクニック(技能)」を、わかりやすく体得していただきます。 また、この技能訓練所を開催する「ラジオデパート」には、個性的な電気関係の部品屋さんがそろっており、簡単に部品を調達できて便利です。

また技能訓練所では、明和電機が「この人、いけてる!」と感じたユニークなものつくりを行っている、おもしろクリエーターのみなさんのワークショップも開催します。夜に行われるトークショーでは、クリエーターのみなさんの発想の原点や、ものつくりの技能、はたまたビジネスのノウハウなどをじっくりお聞きします。

夏休みの週末、「明和電機 超!技能訓練所」に起こしいただき、常識を超えるナンセンスな発想力とモノを作る技能をぜひ磨いてみてください。みなさまのお越しをお待ちしております。 』

和電機社長 土佐信道

ワークショップの日程

ワークショップとトークショーで一日飽きずに参加できそうです。

■とき:

7月・・・20日(土)、21日(日)、27日(土)
8月・・・10日(土)、11日(日)、12日(月祝)
17日(土)、18日(日)、24日(土)、25日(日)

■場所:

東京ラジオデパート地下1階(〒101-0021 東京都千代田区外神田1丁目10-11)

■参加アーティスト:

伊藤尚未、伊豆見香苗、ギャル電、ザリガニワークス、土佐正道、バイバイワールド、パンタグラフ、マタタビ屋、necobit、Qux、㈱TASKO

※ワークショップの概要はこちら> https://www.maywadenki.com/news/radio-ws/
※明和電機のワークショップ一覧はこちら> https://www.maywadenki.com/news/radio-ws-maywadenki/
※参加クリエイターワークショップ一覧はこちら> https://www.maywadenki.com/news/radio-ws-teacher/
お申込みは明和電機STORESから> https://maywadenki.stores.jp/?category_id=5d198d8f031d9f6419a83ee4

明和電機とは

土佐信道プロデュースによる芸術ユニット。青い作業服を着用し作品を「製品」、ライブを「製品デモンストレーション」と呼ぶなど、日本の高度経済成長を支えた中小企業のスタイルで、様々なナンセンスマシーンを開発しライブや展覧会など、国内のみならず広く海外でも発表している。
音符の形の電子楽器「オタマトーン」などの商品開発も行う。2016年1月には中国上海の美術館McaMで、大規模展覧会を成功させた。デビュー25周年となる2018年は大分、長崎で個展を開催した。2019年3月30日「明和電機 秋葉原店」をオープン。
https://www.maywadenki.com/

初めて明和電機を見たのは、タモリさんの番組だったと思います。
奇妙な機械(ナンセンスマシーン)を操り不思議な音楽を奏でる明和電機は色物扱いでしたが、なんだかとても面白かった記憶があります。

社歌とかヤックウィ~ンとか、かなり好きです。

まとめ

ナンセンスマシーン自体よりも、それが出来上がるまでの発想がとても面白いだろうとおもうので、夏休みの宿題に困りそうで工作大好きな人は参加したらたのしそうですね。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大