ペルセウス流星群の夜の天気は?天体ショーは夏の自由研究にお勧め

夏休みも中盤に入り、そろそろ子供たちの宿題の進み具合が気になってくる頃です。
お盆に入ってすぐの8月12日から13日にかけて天体観測をしてみませんか?
家族で美しい星空を眺めれば、夏の思い出になって自由研究もできて一石二鳥!

ペルセウス流星群が見られる時間と方向は?

ペルセウス流星群は北東の空から

ペルセウス流星群を見るにはどの方角の空を見るのが一番良いのでしょうか。

やはり、ペルセウス座の方角北東が一番良いのですが、そちらに限らずいろいろな方向で流星が見られるそうです。建物でペルセウス座が隠れていても大丈夫ですね。

また、8月11日が新月なので月明りの影響はほとんどないとされています。

一番流星が流れる時間としては、8月13日の10時ごろなのですが、この時間は日本では昼間のため星を見ることができません。
ですから、 12日の夜を中心にした3夜ほどでしょう。21時頃から流星が出現し始め、夜半を過ぎて薄明まで徐々に流星の数が増えていくと考えられます。日本でのいちばんの見頃は13日の明け方になります。

今回のような流星の天体観測に望遠鏡はそんなに必要ではありません。
星座早見盤を持って自分の目でペルセウス座を探すところから楽しんでみてはどうでしょう。

8月12日、13日の天気予報(8月10日現在)

天気予報を見てみると、8月12日、13日は台風14号が近づいているせいもあり、あまり良い天気とはいえないです。

東北や北陸を除いては雲が多いか雨のぱらつく天気になりそう。

それでも晴れ間がないわけではないので、時間ごとの天気を調べて天体観測をしてみてもいいんじゃないでしょうか。

流星を見つけるコツ

国立天文台の担当者の人によると「ペルセウス座を見つけようとするのではなく、北の空をぼーっと眺める方が流れ星を見つけやすい」そうです。

たしかに、無駄にきょろきょろとしているとなかなか見つけにくい気がします。

あとは、寝転がってみる(一つの方向を見やすい)とか、邪魔になる明りを視界にいれないようにする、など方法があるようです。

ただ、深夜の観測なので、寝転がったまま眠ってしまうと風邪をひいてしまいそうですね。

用意しておくと役立つもの

・懐中電灯(赤いセロファンを付けると尚良し)
・レジャーシート(寝転がるなら厚手の物を)
・星座早見盤(最近はアプリもあるのでそちらでも)
・方位磁針
・虫除けスプレーや虫除けリング、かゆみ止め
・ひざ掛けは夏でも夜は冷えることがあるので必用ですよ。
キャンプで天体観測をする場合にはもっといろいろと必用かもしれませんが、ちょっと外に出て観測するぶんにはこのくらいで大丈夫だと思います。

特に虫よけ関係はしっかりと用意したほうがいいでしょう。

最後に

天体観測は楽しいイベントですが、夜の暗い中で移動や作業をするので事故に気を付けて行ってくださいね。

なお、国立天文台などさまざまな天文関連施設でイベントが行われています。
探して参加してみるのもいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大