高山勝成(元プロボクシング)出身校や経歴は?結婚はしているの?

こんにちは!

元プロボクシングの高山勝成さんが、どうやらアマチュア登録されそうですね。
プロボクシングのときにはどんな選手だったんでしょうか。調べてみました。

プロフィール

「ボクシング 高...」の画像検索結果
  • 生年月日:1983/5/12
  • 出身:大阪府大阪市
  • スタイル:右ボクサーファイター BOXREC
  • 階級:ミニマム級
  • ニックネーム:ライトニングK
  • 所属:仲里ジム
  • 身長:158cm
  • 血液型:B型

ミニマム級というのは 105ポンド以下(47.63kg)のクラスです。
男性の標準体重が55キロですから、無駄な脂肪なんかはごっそり落とさないと47キロ台にはなりません。35歳は男性もそろそろおなかの肉が気になりはじめる時期ですし、同じ年代で体重がキープできている人も少ないのでは?体重制限のあるスポーツは大変ですね。

出身校など

鶴橋中学校在学中は陸上部とラグビー部を掛け持ちしていました。昔から運動神経はよかったのですね。

中学を卒業してからはボクサーとして活躍していましたが、2014年、30歳にして愛知県名古屋市にある菊華高等学校に入学。山口賢一が同校のボクシング部の顧問に就任することや、中卒でプロになったことや指導者をめざしたいために普通科のスポーツアクトコースで学ぶことになりました。

大人になってから高校に入るのは定時制などではよく聞きますが、普通科に入るというのは結構大変だと思います。まだまだ現役でやっていかれるでしょうが、いずれは良い指導者になるのではないでしょうか。

国籍についていろいろ憶測があるようですが、帰化とか外国籍の情報も特になく、ご本人のサイトにもなにもないのでデマですね。

取得タイトルと受賞歴

獲得タイトル

40戦31勝 (12KO) 8敗 1無効試合です。
この調子でアマチュアに来たら、オリンピックでもメダルが望めるのでは?

  • 2001年西日本ライトフライ級新人王(MVP)
  • 第48回全日本ライトフライ級新人王
  • 第19代日本ミニマム級王座(防衛0=返上)
  • WBC世界ミニマム級王座(防衛0=陥落)
  • WBA世界ミニマム級暫定王座(防衛0=陥落)
  • IBF世界ミニマム級王座(1期目。防衛2=陥落)(2期目。防衛2=陥落)
  • WBO世界ミニマム級王座(1期目。防衛0=返上)(2期目。防衛0=返上)

受賞歴

  • プロ・アマチュア年間表彰
    • 2013年プロボクシング部門 努力賞
    • 2014年プロボクシング部門 殊勲賞
  • 2014 ESPN Fight of the Year(IBF・WBO世界ミニマム級王座統一戦)

結婚や家族は?

試合のときよりはちょっとふっくらしている印象

どうやら結婚はまだみたいですね。もしかすると彼女はいるかもしれませんが、そういう話もあまり出てきません。家族についても詳しい話は特になく、ボクシング仲間と親しくしているほうが多いようです。

以前 、スポーツ紙の取材で「僕も高校を卒業するまでにはしたい。学校の子と結婚します。卒業式の時に発表します」と言っていたようですが、他の選手の結婚をうけての冗談だったようです。

ストレッチマン出演?

高山選手は「タカヤマン」として2007年4月24日放送回で登場しました。
登場人物の友達としてボクシング星人役です。 ボクサーの頭にマントと王冠をつけた格好だったそう。 怪物と戦うストレッチマンにディフェンスのコツを教えたりしています。
真面目な性格を見込んで登用されたということらしいです。

最後に

日本ボクシング連盟のトップが変わって、高山選手もアマチュアで活躍できるようになったようですね。プロとアマチュアでは違うところもあるとは思いますが、きっと素晴らしい成績を残してくれると思います。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大